派遣社員から正社員昇格を目指す!

 派遣から正社員になるという人が多くなってきましたが、介護職員として働く人の中にも、そのような形を実現させるべく前向きに頑張る人が増えています。介護の仕事はハードで賃金が安く、長く続けることが難しいと言われていますが、高齢化の進む日本ではなくてはならない仕事です。そのため、介護士のニーズは高まるばかりと言えます。

 高齢化社会の到来に伴い、デイサービスやケアハウス、老人ホームなどの介護現場が大きく注目されています。増え続ける高齢者をどのように守っていくのかが、介護サービスを提供する施設の課題ともなっています。そんな中、正社員に限らず、パートや派遣社員などといった雇用形態の職員をうまく活用していくことも運営者にとっては必要なことになっています。

 派遣としての勤務を自ら望むという人も大勢いますが、安定した正社員になりたいという人の方がやはり多く存在します。しかし、雇用する側にとっては、健康保険や厚生年金などの各種保険などの負担が増えることになるため、難色を示しているのが実状です。そのため、パートや派遣社員を積極的に雇用し、人材不足の現状をなんとかしようとしているところが少なくありません。これは求職者にとっては歓迎できない傾向ですが、紹介予定派遣の場合はメリットもあります。

 紹介予定派遣として働けば、任期が満了したときに雇用される側と雇用する側の合意が得られれば、その後正社員として働くことが出来ます。このシステムは、お互いにミスマッチを防げるため、非常に有効です。「将来は安定した正社員になりたい!」という人は、ぜひこのシステムを上手く活用してみてはどうでしょう?